プロフィール

バジさん

Author:バジさん
 
所在 : 東京某所
職業 : Webディレクター
性別 : 男
 
課題 : 早起き
 
目標 : 株で生活

カテゴリー
推薦図書 その1

Webディレクション標準ガイド

■HTMLリファレンスなどと一緒にいつでも手の届く場所に置いておきたい一冊。
推薦図書 その2

Web標準の教科書

■全てのWebクリエイターに必携の書
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
35歳以上のための「Web2.0」
またもや更新が止まってしまいました・・・

W杯真っ最中のこの時期にプライベートがほぼゼロの状態でした。
終電かタクシーの帰宅がずーっと続いており、更新できず。
本日も休日出勤なのですが、職場からちょこっと。


読まれた方も多いと思いますが、こないだの『週刊東洋経済』(6/24号)に面白い特集が組まれていました。
中吊りで発見して、下車後すぐに売店で買ったのですが、

■ 35歳以上のための「Web2.0」

この特集がなかなか面白かったのです。別に20代が読んでも十分楽しめます。
まず引用すると、

Web2.0をどう理解するかは、まさに十人十色。
「ネット業界を元気づけるキャッチフレーズ」という人もいれば、
「単なる流行語」と切り捨てる人もいる。
 

このような入りからはじまり、Web2.0を理解するための7つのキーワードをあげています。
このキーワードには色々なくくりがありますが、ここでは以下の7つ。

【 7つのキーワード 】
1.グーグル
2.ロングテール
3.SNS
4.CGM
5.SaaS
6.マッシュアップ
7.ポスト2.0


これらのキーワードで1限から7限の時間割を作り、各時間を以下の方たちが解説していくわけですね。

【 Web2.0の時間割 】
1限 グーグル日本法人社長 村上憲郎(グーグル)
2限 アマゾンジャパン社長 ジャスパー・チャン(ロングテール)
3限 グリー社長 田中良和(SNS)
4限 フォートラベル社長 津田全泰(CGM)
5限 コネクティ社長 服部恭之(SaaS)
6限 はてな副社長 川崎裕一(マッシュアップ)
7限 ネオテニー社長 伊藤穰一(ポスト2.0)


面白そうなメンツじゃないですか!?

さらに特別講義が3つありまして、この特別講義がまた面白かったです。

エリートサラリーマンより主婦の方がWeb2.0の世界を理解している
(ようするにリアルの世界で恵まれている人は、ウェブの面白さがわからない、ということだそうです)

とか、日本の企業はウェブの怖さに気づいていない
(内容が優れていても、インターネット時代には生き残れない、コアコンピタンスを追求する経営が必ずしも成り立たない、ということだそうです)
とか・・・

『ウェブ進化論』が信じられない勢いで売れたことからも、新しいWebの在り方が注目されていることは間違いないでしょう。
正しい情報、誤った情報など様々な情報が飛び交うネット時代において、必要な情報を取捨選択する能力が求めらることは言うまでもありません。
Web2.0をどう捉えるかも自分たち次第ってことでしょうねぇ。
『週刊東洋経済』はまだ次の号が出るまで何日かありますので、興味をもたれた方は是非読んでみてください。

ただ、私自信はいろんな会社面接の場や、ディレクターとしてどうありたいか?のような問いには常に
「常に、新しいWebの在り方を意識し、新しいサービスを考えたい」
ということを言い続けてきています。

スポンサーサイト



知識の共有 | 【2006-06-24(Sat) 21:25:17】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
今さら他人に聞けないインターネット用語(その2)

【RSS】
Rich Site Summary の略。Webサイトの見出しや要約などをXMLでまとめ、主にサイトの更新情報を公開するのに使われている。

【HTML】
HyperText Markup Language の略。Webページを記述するためのマークアップ言語。

【XHTML】
eXtensible HyperText Markup Language の略。HTMLを、XMLに適合するように定義し直したマークアップ言語。将来XMLへの移行に備えて。

【XML】
eXtensible Markup Language の略。文書やデータの意味や構造を記述するためのマークアップ言語の一つ。XMLはユーザが独自のタグを指定できる。

【W3C】
World Wide Web Consortium の略。WWWで利用される技術の標準化をすすめる団体。


なんかこれってきりがないかも・・・
ということで、わからない言葉があったら以下のようなサイトで調べてみよう!

■アスキーデジタル用語辞典
http://yougo.ascii24.com/gh/

■Yahoo!コンピュータ 用語辞典
http://computers.yahoo.co.jp/dict/


知識の共有 | 【2006-05-25(Thu) 00:08:49】 | Trackback:(2) | Comments:(2)
今さら他人に聞けないインターネット用語(その1)
今日は超初心者向けに、その1。
その2、その3と続くかは未定。(要望があれば・・・)
初心者以外は読み飛ばしてください。


【WWW】
World Wide Web の略。インターネット上に分散している情報をリンク構造で関連づけたシステム。

【Webサイト】
一まとまりに公開されているWebページの集まり。ホームページというのはWebサイトの入り口のトップページのことを指し、正確にはWebサイト。

【ブラウザ】
Webサイトを閲覧するためのソフトウェア。代表的なものとしてはInternet Explorer(IE)、Firefox、Opera、Safariなど。

【URL】
Universal Resource Locator の略。インターネット上で情報が収められている場所を示す住所。
最近は「URI(Universal Resource Identifier)」という語が使われることも多い。


これで今までモヤモヤしてたものも解決!?
(「知識の共有」というカテゴリでよいのだろうか・・・)

知識の共有 | 【2006-05-24(Wed) 00:48:18】 | Trackback:(0) | Comments:(0)
FlashなどをIE仕様変更に対応
Microsoftが、Eolas社の特許を侵害したとして提訴された訴訟関連で、
object、embed、appletタグが読み込まれるたびに確認ダイアログを出すという、ActiveX対応が現実になりました。

詳細は「[号外]FlashなどをIE仕様変更に対応させる」で確認を。

対応方法も記載されています。
(他にもいろんなところで特集されています。ブログ記事も多し。)

IEのパッチをあてた人はもうこの挙動に気づいているとは思いますが、これは放置はできません。
Web業界で仕事をされている方は、今この対応をしているところも多いのではないでしょうか。

僕の勤める会社でも今週広報され(遅い・・・)、来週から公開するサイトに関しては急遽対応を行なうことになりました。
納品直前にこういった変更を急遽おこなうのは嫌なものです。

とりあえずはjs外部ファイル化によって回避が可能です。
まぁ、たいした修正ではありませんが、デザイナー、コーダーさんがこういった業界動向に疎いと一から説明しなければならないのでとっても面倒です。
できれば何も言わなくてもこういったところまで気を回しておいてくれるくらいの制作さんだと安心して仕事を任せることができるんですけどね。

言わずもがな、ディレクターが知らなければ、逆に実制作さんから「このディレクター大丈夫?」と思われかねません。

Yahoo!などはやはり対応が早く、対応済みのようです。(全てを確認した訳ではないですが)

知識の共有 | 【2006-04-20(Thu) 01:08:50】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
紹介「Web2.0時代のマーケティング」
その名もずばり、

Web2.0時代のマーケティング

というとても興味深いブログを見つけました。

先日紹介した、ロングテール、パレートについてもふれられています。
また、オセロを使った表現が面白いです。
是非参考にしてください。

知識の共有 | 【2006-04-18(Tue) 01:05:07】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
次のページ
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
ブログ内検索
RSSフィード
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
リンク